「むくみ」タイプを知る

まず、むくみについて知っておかなければなりません。体に存在している水分は約60%とされています。その大部分は細胞内か血管、リンパ管、脳、脊髄などの中に存在しています。これらの水分は細胞や血管から細胞のすきまにはみ出したり戻ったり
しまうためして入れ替わっていますが、この水分がうまく回収されずに細胞のすきまに溜まってしまった状態によって起こるのがむくみです。同じ姿勢を続けることで機能が働かなくなってしまうために起こる現象です。一時的なものは一晩で治ることが多いですが、頻繁に繰り返しているとだんだん戻りにくくなってきます。
東洋医学的に見てむくみには3つのパターンがあります。それは肺、脾、腎です。この3つについて詳しく説明していきます。
まず、肺タイプは辛い物が好きなことが原因でむくみなる傾向があります。また、喉が弱かったり、咳や痰が出やすい人もこのタイプである可能性が高いとされています。上半身特に顔やまぶたにむくみが出やすくなります。肺は汗をはじめとした水分の調整を行う臓器であるために日ごろから汗をかくなどして新陳代謝を高めて代謝を良くすることが大切になってきます。
次に、脾タイプは冷たいものや生ものの摂取のしすぎが原因でむくみになる傾向があります。また、胃腸が冷えやすかったり、弱かったりする人も多く見られます。じめじめとした場所や環境との相性が悪いためにむくみになりやすっくなってしまうので湿気にも気をつけなければいけないのです。ふだんから暖かい飲み物や胃に優しい食べ物を食べるようにして体を冷やさないようにすることが大切になってきます。
最後に腎タイプはしょっぱいものやおつまみが好きでお酒をたくさん飲んでしまうことが原因でむくみになる傾向があります。水分をたくさん摂取しているのにあまりトイレに行かない人に多く見られます。塩分の摂り過ぎや余分な水分を溜め込むことによってますますむくんでしまう原因になるのでこまめにトイレに行くことが大切になってきます。

 
永遠の天敵「むくみ」と戦う 「むくみ」タイプを知る タイプに合わせた撃退法 むくみは病気のサインのときも むくみ解消法