むくみが少しよくなった気が

人間の体は気温、気圧、湿度などの気象の変化に反応しやすいとされています。梅雨に体がむくみやすいというのも、この気象の変化によるものなのです。 一年の中で梅雨は特に気圧が不安定な時期です。短期間の間に気圧が変化すると自立神経の働きが乱れてしまい、血流が悪化。血の巡りが悪くなると細胞に溜まっている余分な水分が排出されず、結果的にむくみやすくなってしまうのです。 また、梅雨では湿度が急激に高くなり、ジメジメした湿気が肌にまとわりつくようになりますよね。実はこれもむくみの引き金となっています。 人は汗が蒸発する時の熱放出を利用して体温を調整していますが、湿気が高い状態だと皮膚の表面から汗が蒸発しにくくなってしまうのです。 結果、汗をかきにくくなってしまい、水分を体内に溜め込んだ状態になります。 これが梅雨にむくみやすい原因なのです。 梅雨によって引き起こされるむくみには、除湿機で部屋の湿度を下げたり、適度な運動で代謝を良くすることで解消されます。

 
永遠の天敵「むくみ」と戦う 「むくみ」タイプを知る タイプに合わせた撃退法 むくみは病気のサインのときも むくみ解消法